資質なき者の日記。         本質が赴くままアニメの感想や落書きを置きます。  エルダ・タルータ!
by honepanda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
骨パンダのメインサイト
【普通の端っこ】
現在、骨パンダが運営しているサイト。
TVアニメ「舞-HiME」中心の二次創作サイトです。百合ばっかです。

カテゴリ
カテゴリ:MADLAX感想(ネタバレ上等)( 10 )
#10 浸触-dive-
ヤンマーニ気分でMADLAX感想いきますよヽ(・∀・)ノ

クリックすれば気分はヤンマーニ (゚∀゚)
[PR]
by honepanda | 2005-11-24 16:11 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#9 残香-scent-
相変わらず不定期なMADLAX感想いきますよー!ヽ(・∀・)ノ
もうちょっとペース上げねば…とか思ったりする日々です。
今回は何だかとってもうるさく叫んでます。

クリックすれば気分はヤンマーニ (゚∀゚)
[PR]
by honepanda | 2005-11-08 23:41 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#8 魂言-soul-
続けて8話の感想いきます!ヽ(・∀・)ノ


【追記】を追加しますたー。途中の青色の文章です。

クリックすれば気分はヤンマーニ (゚∀゚)
[PR]
by honepanda | 2005-10-09 23:07 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#7 繪本-nature-
ちまちま更新なMADLAX感想いきますよー!ヽ(・∀・)ノ
今回のお話は2話かけての続き物ですので私も連続で語ります!
まずは……7話!
ちなみに会話文とかは全部ウロ覚えだったりします(´∀`;)

クリックすれば気分はヤンマーニ (゚∀゚)
[PR]
by honepanda | 2005-10-09 23:00 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#6 遺言 -leave-
更新ペースがまちまちなMADLAX感想逝きます!

これからは見たくないという方を想定してMore機能を使ってみます。
だって昨日、はじめて知ったんだもの!!!

クリックすれば気分はヤンマーニ (゚∀゚)
[PR]
by honepanda | 2005-08-25 12:20 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#5 無罪-zero-
さーて、一ヶ月近く放置していたMADLAX感想ですよー!ヽ(・∀・)ノ
毎回、感想の仕方が違うような気がバシバシしますけど、もう本質のまま突っ走ります!

実は、この5話はサブタイトルが二つなんです。DVDではzeroじゃなくてnoneでした。
話の内容を考えると後者の方が合ってる様な気がします。まぁ、どっちでもいいんですけどね!

前回のがマガさんだったから、今回の主役はマドたんです。
今回のマドたんのお仕事はとある物資の回収。でもその物資が何なのかまでは知らないらしいです。しかもそれをアンファンが狙ってるとか。
何という投げっぷり!!マドたん、スト起こしちゃえ!スト!

それでも我らが心優しい萌えっこマドたんは素直に物資を探すためアレコレ頑張ります。
情報屋さんに行ったり、男子トイレで銃突きつけたり、もうホント頑張って……っておい!
ま、マドたん!!!花も恥らう年頃の乙女が!!男子トイレに!!!私も子供の時以来入ってないのに!!
しかも用をたしてる殿方に銃なんかつきつけて……!!!
その人、絶対萎えてるよ!!!!!(最悪です)

でも、ま、いいか!バイク乗ってるマドたん激萌え(*´Д`)

そんでそうしているうちにマドたんは、なりゆきでクリス君という少年とホテルにしけこむことになります(我ながら嫌な言い方です)
e0015066_12512893.gifホテルでファーストフードを使ってクリスを餌付けさせてからマドたんは彼のカバンの中身を勝手に見たりします。でも、とことん食べ物に釣られたクリスは父親に会いにガザッソニカに不法入国したんだーとベラベラ喋ります。あかん……こいつ、あかん(´∀`;;;)
ちなみにクリスの不法入国を手助けしたのは前回娘に殺されちゃった政治家のオッサンだったりします。
マドたんは、そんなクリス君に自分を重ねてしまいます。そう、彼女も自分のお父さんに会いたがってるんです。小さい頃のマドたん超激素敵萌え!!(;゚∀゚)=3

どうでもいいんですけど私、マドたんとクリス君の会話聞いて脳裏にこんな情景が浮かびました。
晶キュン「お前、馬鹿だよ……」
巧海「そうかな…うん、馬鹿だね」
晶キュン「でも、そういう所……嫌いじゃないぜ」

私、実は巧晶も好きだったりします(´∀`*)激しくどうでもいいですね、うん。
e0015066_12544329.gifマドたんとクリス君がホテルで心を通わせてる一方、3話でマドたんにハートを撃ち抜かれた怖い人とマドたんをナンパしたカロッスアが出会います。どうやらカロッスアはクリス君を捕獲するため怖い人の力を借りようと思ってるらしいです。でもそれは警察の仕事だろと当たり前のことを言って面倒事を避けようとする怖い人ですが護衛はマドたんだよという餌にあっさり食いつきます。そして、ずるずるとホテルにまで釣られます。あっさり過ぎるよ怖い人……(´∀`;;;)

そんで場面変わって……

ちょwwwこいつら朝チュンですよwww奥さん!!!!
これが清純派と非清純派の違いか……((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

それにしてもカロッスアのヤツ、いちいちエロィです!まずは写真の中のクリス君に向かって怪しい微笑みを浮かべ(ウホッ!)、今度は怖い人をこれまたエロチックな視線で視姦します。まるで舐めるように…!見られるだけでレイープですよ!
だから私、決めました。今日からカロッスアはエロッスアです!!!

そうこうしている内にマドたんはクリス君が自分の回収すべき物資であることを知ります。
クリス君のパパンはガルザのトップだったのです。クリス君の政治的価値がググーンとアップです。
だから二人は扮装地域であるガルザの支配地域へと向かいます。しかし、そこにはエロッスアと怖い人のセフレコンビが待ち伏せしてました。

ライフルを構える怖い人。スコープが映すのはとある人影。ターゲットです。生死をいちいち気にしなくてもいいというエロッスアの言葉。だんだん近づく人影。引き金に置かれた指に力を込めようとします……が!

何とその人影さん、将軍の軍服を着てます。怖い人どびっくり!
しかし、もちろんそれは罠でした。隙をついたマドたんが出てきて怖い人とエロッスアの銃を落とした後、二人に向かって銃を向けます。そんなマドたんに近づいてきたのは父親の軍服を着たクリス君。完璧にマドたんの勝利です。
エロいけど馬鹿ではないエロッスアは自分たちの負けを認めます。でもさすがはエロ。ただでは終わりません。
「彼女がマドラックス……なるほど美しい←台詞うろ覚え
そしてマドたんをねちっこく視姦するエロッスア。お願いマドたん……逃げて!!!

自身の貞操の危機にも関わらずクリス君を先に行かせようとするマドたん。
クリス君、ここでカッチョよく言います
「三日後に、あの部屋で待ってる」
おめでとう、マドたん!!デートのお誘いだよ!!!やだやだーマドたんに男なんて!!
e0015066_1410038.gifそしてクリス君は父親のいる建物へと到着します。しかし、そこは廃墟。父親どころか人が住んでるような形跡すらありません。そこで待ってたのは変な仮面つけたオサーン。フライデーさんです。骨パンダがチビ百合姉妹SS書けたのは彼のせいおかげです。ありがとう、フライデー!
そんな変態仮面はクリス君に「君は12年前の事件で歪められた存在なのだ」とか好き勝手言います。そしてクリス君が動揺したまま場面は暗転。

……そして約束の三日後、ホテルでクリス君を待ってるマドたん。食卓には餌付けに使ったファーストフード。しかし、向かいの席には誰もいません。いくら待っても来ません。
「クリスの……うそつき」
男運の無いマドたん。今回もデートし損ねました。よかった…かわいそうに……


こっからはアニメを全部見たという前提を元に感想言います。
e0015066_1416916.gifクリス君もエロッスアと同じく12年前の事件で死亡したにも関わらず本の力でこの世に現れてる幽霊のような存在でした。だからフライデーの言葉で真実を知った彼は消えたのでしょう。それにしても、どうしてクリス君は現れたのかが問題です。マドたんやエロッスアは本編で語られましたからねー。死ぬ間際にクリス君に父親の正体を教えた母親。そして当の父親も架空の存在でした。父親さんは戦争を続けさせようとするアンファンによってでっち上げられたのでしょう。もしかしたらクリス君は12年前に伝えられなかったことを果たそうと現れたのかもしれません。父親が嘘の存在だということも知らずに。でも結局はそれも叶わずクリス君は消えたんでしょうね。・゚・(ノД`)・゚・。 勝手に考えて勝手に納得してます。
[PR]
by honepanda | 2005-08-15 14:24 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#4 誘惑-ask-
少し放置気味だったMADLAX感想ですよ~!最終巻の表紙見ると再びがみるみる芽生えるのが不思議ですね~。という訳で見ました4話!

マドたんの次はマーガレット。マーガレットの次はマドたん。序盤のMADLAXはこんな感じで進みます。よって今回の舞台はナフレスです。

ナフレスでは地方議員が娘によって殺され、その娘も自殺する事件が起こります。
(ちなみに、この地方議員さんは一流のエージェントに何かを頼もうとしてました)

今回の実質的主人公は事件を捜査する刑事さんです。はっきり言ってヒロイン二人イラネ(゚Д゚)です。

e0015066_2228956.jpg今回活躍しなくてはならないような気がするマーガレットは被疑者である娘と昔電波な交流をしたことを思い出したりします。そして、その子にヘリアンサスの花を捧げようとするだけで終わります。
因みにヘリアンサスの花言葉は誘惑(他にもありますけど)。マーガレット!お前、何しようと!
後、もう一人のヒロイン、マドたんは肉まん食ったり、マーガレットと何か通じ合うようにボーッとしてただけで終わりました。とりあえず肉まん食べるマドたん萌え。


e0015066_22363155.gif一方、今回の主人公マクレーというオッサンは捜査してるうちに事件にアンファンという情報が得意なマフィアか絡んでることを掴みます。アンファンの警告を無視して大張り切りで捕まえようとしますけど、その後職場は首に、持ってるカードは使えない、電気も水道も止まり、母親に電話をかけたのに母は自分を知らない(多分、他の所につながった?)というような出来事が起きます。つまり、自分の存在が抹消されつつあるのです。そして最後に変態仮面によってエルダ・タルータという文字を見てしまいます。この「エルダ・タルータ」という文字は人の本質ってやつを目覚めさせる言葉です(つまり本質への誘惑)。

被疑者の娘もこの言葉を見て父を殺し、自殺しました。普段はとても明るく社交的な彼女の本質は何だったのかを考えると骨パンダはとても興味深いと思います。被疑者の娘は本来マーガレットのような電波な感じで物事を捉えてたんだと思います(通じ合う二人を見ると)。でも周りはそれを許さない。父は優しいけど、同時に優しくて周りに普通に溶け込む子である自分を強要する存在でもある。そこから感じる抑圧が父への憎しみとして積み重なりエルダ・タルータで爆発したんだと勝手に考えました(私、パパが嫌いだった)

一方の刑事さんはエルダ・タルータを聞いた後、自分に対する全ての記憶を失います。っていうか過去の自分を否定?してます(俺はそんな名前じゃない)。刑事さんは作中でどんどん自分という情報を失くしますが、それ以前にも誤射事件(たぶん)による刑事としての誇りの墜落や妻子との離別という喪失を経験してます。だんだん自身を失くした刑事さんは本質がまんま喪失だったのではないかと、これまた勝手に思いました。

そして人の本質を何となく感じ取れるマーガレットは最後に自分という存在を失った刑事を見て「あの人、誰?」と言ったのでしょう。決して電波じゃないんだよ!いや、十分電波ですな。

何だか感想の方法が毎回変わってますね~。出来れば安定させたいですなぁ~…。今後前回の感想も微妙に変えるかもしれません。
本来MADLAXという作品は「考えるな!感じろ」なんですが、たまにこういう風に考えるのも面白いな~と思います。
[PR]
by honepanda | 2005-07-17 22:51 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#3 蒼月-moon-
場所はナフレス。
ニュースをぼんやりと見ているマーガレット(エリノアはせっせと家事中)
ニュースではガザッソニカの陸軍司令官が他国の軍事介入を認める発言が流れていました。


エリノア:お嬢様、そのニュース面白いですか?
マーガレット:ううん、つまらない



e0015066_1521322.jpg場所は変わってガザッソニカ。
マ、マドたんのシャワーシーンが!!!鼻に泡つけてカワユイよ~
マドたんは右足から洗う人でした。洗う順番によって自信を表してるという深層心理があるそうだが…マドたんは右足が自慢なんだ~そうか、そうか(*゚∀゚)=3私は左腕から洗います(誰も聞いてない)
そのシャワーシーンをぶち壊す電話の音。お仕事の時間ですな。
今回の仕事は陸軍司令官の射殺。依頼人は本人

マドたん:この国はイカれてるわ

私も、あなたの魅力にイカれました(;´Д`)

早速、下見に取り掛かるマドたん。そこで色んな意味で運命の相手と出会うことになります。
e0015066_15293936.jpg
クロエたん!親衛隊でスナイパーなリメルダさんと出会います。
マドたん、たった数分の会話で彼女の実力と本性を察知します。

マドたん:怖い人…

この瞬間、リメルダさんのアダ名が決まりました。


e0015066_15335152.jpgどうしても自殺願望のある依頼人に会ってみたいマドたん。
変装して依頼人のいるホテルに行きます。女中姿いいよーいいよー


しかし、そこに潜む魔の手が!!!!




カロッスア(前回、マーガレットに逃げられたエロス漂う兄ちゃん)がすれ違った時

カロッスア:ああ、君
     以前、お会いしたことがあったかな?


貴様、誰にナンパしてる?しかも、そんな超古典的なもんで!!!
おのれ、許さん!この瞬間からカロッスアは敵  大  決  定
しかも後にティーを届けるようにとか言うし!貴様、部屋で何するつもりだ!?

でも、我らがマドたんは華麗にスルーしました。そして陸軍司令官と出会います。
わざわざドレス姿に着替えて。もう、オサレなんだから(*゚∀゚)=3
「もう踊らされるのはウンザリだぁ」という陸軍司令官に私が本当のダンスってやつを見せてやるぜ!とでも思ったのか月夜の下、二人は踊りました。

そして、翌日マドたんは陸軍司令官を遠くから狙撃して殺します。
その時、スコープ越しに怖い人と見詰め合うマドたん。
マドたんのような愛くるしい娘さんがスナイパーなことに驚く怖い人。
そして、二人は同時に引き金を引き…

バーーーーーーーーーンッ

乱れる怖い人の髪。マドたんの弾が怖い人のすぐ真上を掠りました。きっとワザとしたんでしょう。優しいなぁマドたん。

この時から怖い人の熱烈な恋が始まりました…

場所は再びナフレス。
ニュースをぼんやりと見ているマーガレット(エリノアはせっせと家事中)
ニュースではガザッソニカの陸軍司令官の暗殺が流れていました。


エリノア:お嬢様、そのニュース面白いですか?
マーガレット:ううん、つまらない

[PR]
by honepanda | 2005-07-07 15:48 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#2 紅月-crimson-
舞台は前回と打って変わってヨーロッパのとある架空の国ナフレスです。
もう一人のヒロイン、マーガレットは高級アパートでメイドのエリノア(エレノアじゃないよ)と一緒に暮しています。
女主人とメイド。すんごく萌える組み合わせです。なつきが女主人でメイドが静留だったら…ハァハァ。おっと、これはMADLAXの感想です。
最初、私メイドというのものには余り興味が無かったんです。愚か者でした。森薫さまのシャーリーとエマを呼んで、自分の愚かさに涙したものです。
e0015066_13461635.jpg
マーガレットさんは何処かで電波を受信しているような人。学校に遅刻した理由を先生が聞いたら「赤い靴?」って答えるような方です。「雨が降るから」と言って学校をサボるような方です。電波の原因は何かの事件に巻き込まれての記憶喪失らしいです。
一方、エリノアはそんなお嬢様を「日常に溶け込んでいらっしゃいます」と断言出来る物凄くデッカイ方です。ほんと色々と。


e0015066_14314544.jpg
場所は変わって、とあるオークション会場。そこでメインキャラの一人であるヴァネッサさんと、その後輩えーと…名前は忘れましたが、とりあえず商社マンのような二人が出ます。
何だか凄そうなお宝が出て、周りが入札を始めます。しかし、ヴァネッサさんは入札しようとして止めます。訝しがる後輩くん。ヴァネッサは「どうせ隣の日本人が大金はたいて買うだろう」と言って会場を出ます。思わずバブル時代のお話か?と思ってしまいましたが、このアニメの背景は2011年。つまり、2011年には日本の景気が良くなって欲しいという黒田先生と真下監督の願いが込められてるのです。日本人の皆様、頑張ってください。
因みにお宝は、とある変体仮面が高値で買って即効で割りました

ヴァネッサさんは帰りにマーガレットさんを見かけて話しかけます。ヴァネッサさんはマーガレットのお隣さんで家庭教師だったのです。
マーガレットさんは名前忘れてましたが(下手したら存在すら)
それでも優しいヴァネッサさんは、マーガレットを自分のオフィスに誘います。でも、誘っていおいてオフィスでマーガレットさんを放置しときます。何しに呼んだんだよ。
暇なマーガレットさんはヴァネッサさんの社内(ブックワルドという企業)を、うろつきます。
そこで、とあるイケメンな兄ちゃんと出会います。
e0015066_1432549.jpg
ですが、マーガレットは兄ちゃんから溢れるエロスがキモィとでも感じたのか「誰…」と呟いて逃げます。そして、再びヴァネッサと合流して家に帰ります。

ヴァネッサさんは「食事は三人分用意して、お風呂の用意して」と居候する気がマンマンです。何も言いませんが、きっと警戒してるであろうエリノア。食費もそうですが、ヴァネッサさんはマーガレットに赤い靴をプレゼントしたりと自分のライバルになる可能性が高いですから
一方のマーガレットは赤い靴を貰って何かを思い出したのか、けったいな絵本を探し出します。お父様のプレゼントらしいです。この絵本はMADLAXのキーワードなので覚えておきましょう。マーガレット・・・ヴァネッサのプレゼントも忘れないでね。

最後に寸止めヤンマーニが流れます。マーガレットが散々雨が降るといったせいか、ガザッソニカに雨が流れてました。
[PR]
by honepanda | 2005-07-03 14:27 | MADLAX感想(ネタバレ上等)
#1 銃夢-dance-
e0015066_18374155.jpg
DVDを挿れると、まず流れるのがオープニングです。
「瞳の欠片」は、すんごく名曲だと思います。
でも、骨パンダは銃弾を華麗に泳ぎながら避けるヒロイン二人が見る度に気になって気になってしょうがないです。こいつら、マトリックスを超えてる!!(見たことないですが)


e0015066_192674.jpg
とりあえず、巷で話題の第一話を見てみましょう。
最初、アメリカ帰りで髪をピンクに染めてレティシアと改名したちよちゃん@金田朋子が何か電波な言葉を言い始めます。アメリカでドラッグでもキメたのでしょうか…心なしか顔色もかなり悪そうです。今後、レティシアの発言は本編を見終わってもイマイチよく解らないのでスルーします(私が馬鹿なだけです)


e0015066_201069.jpg場所は変わって報道ヘリをハイジャックした我らがヒロイン、マドラックスたんが登場します。
私、もともと滅多に「たん」なんか付けません。「たん」とは萌えの中の萌え『サ・モーエ』にのみ与えられる称号なのです(自分の中で)。あ、例外的にサ・モーエでも「たん」と付けない場合がありますが、それは雑談にでも書いておきましょう。思いっきり話が逸れそうなので。
とりあえず、マドたん(今後、こう呼びます)はヘリからウィンク(ウホッ)した後、ダイブします。その時、かの有名なヤンマーニ・ヤンマーニ・ヤンマーニ・ヤーイーヤッが初めて流れます。初めて聞いたときは、これが、かのヤンマーニかとシミジミとしたものです。
資質ある方々の、ほとんどはヤンマーニとオサレポーズに惚れてMADLAXを見続けたと思います。もちろん私も大好きですが、このアニメに全てを(愛も金も)捧げる理由は他にあります。

「帰ったらパスタにしよう。うん、パスタ」

つまり、この台詞を聞いて私はマドたんに萌えて萌えて惚れたのです。
そんなマドたんは一話で読唇術を見せるわ超絶射撃テク、絶対回避、オサレポーズなどを見せて大活躍します。これに萌えるなという方が無理です。
e0015066_19323641.jpgとりあえず、一話はマドたん超絶萌え!に尽きるのです。え?ストーリー?そんなの、あったけ…。ああ、そうそう。マドたんにデートを申し込んだピート君という人が死んだことで、マドたんの男運の悪さが始まります。それ以外は知らなくても全く構いません。
舞台背景さえ理解すればいいです。舞台は内紛の続くアジアの小国ガザッソニカ反政府軍ガルザ王国軍がドンパチやってます。マドたんは、その中で活躍する凄腕エージェントなのです。

感想など初めてなので色々稚拙な文章ですが、今後も暇があれば更新を続けたいと思います。主に自分の自己満足のために。

最後に、エンディングを見てエヴァを思い浮かんだのは私だけですか?記憶がないのは三人目…(以下略)
[PR]
by honepanda | 2005-07-02 19:57 | MADLAX感想(ネタバレ上等)